BizPoint Monthly Watching

2002年9月号概要

   

    

  政治経済要旨

■ドル高でインフレ圧迫・GDP縮小へ
■経済モニタリング

 自動車産業

焦点

■ブラジル・アルゼンチン自動車協定 政府間で合意
■フレックス燃料車発売 1年以内に
■アルコール車生産プロジェクト ドイツ政府ミッションが来伯

   
市場情報

■9月生産・販売状況
■多様化する輸出先マップ
■コンセンサス困難なアルコールプロジェクト
■アルコールプロジェクト、インドとの合意間近
■部品産業、中型車生産で売上げ増加
■部品産業、米向け輸出が増加
■IPI引き下げ後 税収増加
■日本、セクター別自由貿易案をWTOへ
■亜で生産を復活、GOODYEARも検討
■ニューカマー、楽観的な予想示す
■好調な鋳造部門、1−7月は6.8%増
■BNDES融資額 自動車産業向けはマイナス27%
■道路依存 運搬効率向上の妨げに
■セールスキャンペーン 数社の例外も
■輸入車が税関でストップ タイヤリサイクル問題で
■増加するロボット化


企業情報

■FIAT銀行 パートナーを募集
■VW、トレイニー制度でタレント発掘
■VW、マイクロバス250台を受注
■VW、オリジナル部品キャンペーン実施
■VW、輸出増加でサントス以外の港の利用も
■GM、部品国産化と輸出を加速
■GM、役員のTVコマーシャル出演が流行
■FORD、新FIESTAでシェア−拡大
■FORD、アマゾンプロジェクト第2号 来年3月発売へ
■正念場を迎えたルノー
■RENAULT、輸出用の車の生産を計画
■HONDA、増産は為替次第
■TOYOTA、アルゼンチンに2億ドルを投資 − メキシコにも新工場
■TOYOTA、国産化で自社部品生産が増加
■TOYOTA、カローラの値上げを発表
■DChrysler、MT世界供給センター
■DChrysler、パラナ工場売却間近
■DChrysler、支払いをデジタル化
■DChrysler、2.4千人が一斉休暇
■DChrysler、洪水問題解決で投資案件を前向きに
■Cross Lander、マナウスでSUV生産
■VOLVO、バス120台をジャマイカへ
■INTERNATIONAL、ブラジルをグローバル供給センターに
■INT'L ENGINE、TNT社と契約 グローバルプロジェクトの一環で
■MARCOPOLO増資 外資が株式20%を取得
■COMIL SILOS、バスボディー市場参入へ
■CUMMINS、輸出でヘッジ効果も
■CUMMINS、アフターサービス直営店第2号店をオープン
■DELPHI、国産化は最重要課題
■米DAYCO、アフターマーケットを強化
■DEICMAR、サントス港取り扱い量増加


添付資料

■ブラジル・アルゼンチン生産、販売他統計データ 
■ブラジル・アルゼンチン企業別販売台数
 

back.gif (883 バイト)