ブラジルの初夏の風物

     サンパウロ、 伊東宏

summer1.jpg (6957 バイト)



ブラジルのお盆は11月2日であるが、例年この頃は暑い季節である。

本当であれば毎日のように夕立が涼しさをもたらす、夏の気候でなければならない。ところ

が、今年は異変で一向に暑くならないどころか、今年、還暦を迎えた老夫婦は電気毛布を

入れて寝るしまつである。不景気が一段と厳しく、それにともない治安も最悪の状態となっ

た。十年ほど前にこの地に墓を買い求め、子孫をこの国に委ねることになんの躊躇もな

く、こよなく愛してきたこのブラジル。渡伯以来初めてこの国に一抹の不安を感じ始めた。

ところが、この薄ら寒い気候と打ち沈んだ心を励ますように、教会の庭に今年初めて「イン

コ芭蕉」が花を付けた。それはいかにも南国的な原色で、見るもの心を明るくする。いくら

眺めていても飽きない。「インコ芭蕉」とは俳句を嗜む方から教わった。この花の正式名は

知らない。歳時記で調べてもないので、ブラジルの俳人が名ずけたものであろう。

しかし、見事な名付け方であると感心した。



「インコ芭蕉 群れ立たんとして五羽六羽  瞳」

                             

インコ芭蕉 1a

インコ芭蕉 2a

 

 

back.gif (883 バイト)戻る】【ホーム