ブラジル関係図書紹介


   桜井 敏浩


【文献インデックス】【桜井コーナー】【経済評論コーナー】【ホーム


 


<2006年~2008年文献>

アメリカス世界のなかの「帝国 2005/11
サンパウロへのサウダージ
2008/11
ブラジル人児童と先生のためのポルトガル語コミュニケーション
2009/5
ブラジル人の就職に役立つ会話集
2009/4
ブラジル ナショナル・プロジェクト3社の社史
   
日本ウジミナス五十年のあゆみ [鉄は日伯を結ぶ
2008/4
    アマゾンアルミ・プロジェクト 30年の歩み
2008/3
    日伯農業開発協力株式会社社史 -ブラジル・セラード農業開発協力事業30年の記録
逆さまの地球儀 ―複眼思考の旅
2008/12
移民環流 ―南米から帰ってくる日系人たち
2008/11
遠くにありてつくるもの ―日系ブラジル人の思い・ことば・芸能
2008/7
社会の鏡としてのブラジル文学 ―文学史から見たこの国のかたち
2008/9
アマゾン源流「食」の冒険
2008/6
日本で最初の喫茶店「ブラジル移民の父」がはじめた ―カフエーパウリスタ物語
2008/11
新たな交流に向けて - 日本ブラジル交流年・日本人ブラジル移住100周年記念特集誌 2008/12
燃料か食料か ―バイオエタノールの真実 2008/7
日本から一番遠いニッポン ―南米同胞百年目の消息
2008/6
中南米が日本を追い抜く日 ―三菱商事駐在員の目
2008/6
アメリカ帝国のワークショップ ―米国のラテンアメリカ・中東政策と新
   
自由主義の深層
2008/6
夢の彼方への旅 
2008/6
サンパウロ市生まれの二世たちの眼差し ―ブラジル社会への同化
2008/6
ブラジルの歴史
2008/6
比較政治―中南米 
2008/3
ラジル 巨大経済の真実
2008/6
海外派遣者ハンドブック-ブラジル編
2008/3
グローバル化時代のブラジルの実像と未来
2008/4
愛するブラジル 愛する日本
2008/6
目で見るブラジル日本移民の百年 -ブラジル日本移民百年史別巻
2008/4
超積乱雲
2008/3
ペレ自伝
2008/4
世界史史料 7 -南北アメリカ 新住民の世界から一九世紀まで
  2008/3
ジャパニーズ・ディアスポラ
  2007/8
悲しい物語 ―精霊の国に住む民 ヤノマミ族
2008/4
ボサ・ノーヴァ詩大全
2006/2
ラテン・アメリカ 朝倉世界地理講座―大地と人間の物語 14
2007/7
遠くて近い国 ―シニア・ボランティアの見た21世紀ブラジル
2007/8
グローバルとローカルの共振 ―ラテンアメリカのマルチチュード
2007/11
ブラジル経済の基礎知識
2007/11
貧困の克服と教育発展 ―メキシコとブラジルの事例研究
2007/10
女たちのブラジル移住史
2007/8
知っているようで知らない ラテン音楽おもしろ雑学事典
2007/11
鉄の絆 ウジミナスにかけた青春 
2007/9
もっと知りたいブラジル マジア・ド・サンバ 知られざるリオのカーニバ
   
     2007/8

トランスナショナル・アイデンティティと多文化共生 ―  グローバル
    時代の日系人
2007/4
黒人差別と国民国家 ―アメリカ・南アフリカ・ブラジル
2007/3
アドニスの帰還 
2007/9
黒ダイヤからの軽銀 ―三井アルミ20年の歩み
2006/9
鈴木悌一 ―ブラジル日系社会に生きた鬼才の生涯
2007/7
世界の食文化 ⑬ 中南米
2007/3
日系人とグローバリゼイション ― 北米、南米、日本
2006/06
はまの大きな菩提樹 A FRONDOSA ÁRVORE DE HAMA
ブラジル北東部の風土と文学
2006/12
地球時代の南北アメリカと日本
2006/11
講座 世界の先住民族 ―ファースト・ピープルズの現在 ― 08 中米・カリブ海、南米 2007/1
ブラジルにおける違憲審査制の展開
2006/11

 

 


アメリカス世界のなかの「帝国」

天理大学アメリカス学会編  天理大学出版部発行  むさし書房発売 283頁 2005年11月   2,100円+税


北米の視点から中南米を、中南米の視点から北米を、南北アメリカの政治・経済・文化・歴史等を比較研究するという趣旨で同大学に設けられ10年を迎えるが、本書は学外の研究者の寄稿も含めた単行本版論集。

アメリカス世界の中で、米国の"帝国"としての諸相を「セオダー・ルーズヴェルトとアラモ」(島田眞杉京都大教授)から始まり、「ブラジル帝国の建国と記憶のかたち」(金七紀男)、「メシカの年次祝祭における支配原理の表出」(山本匡史)ほかの歴史、「反米・反帝国主義者チャベス大統領の歴史認識」(野口茂)や「<帝国>と宗教―ブラジル・プロテスタント教会の成長戦略」(山田政信)などの現在に至る論考が12編、「国際的労働力の移動―資本主義世界経済における周辺国としてのブラジル」(矢持善和)や「マリアノ・アスエラのメキシコ革命小説『虐げられし人々』を再読する」(片倉充造)など、6編の南北アメリカの歴史、経済、政治、言語、文化、芸術等の論考を収録している。
〔桜井 敏浩〕

 

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「掲示板」→「図書案内」に収録〕

トップへ


サンパウロへのサウダージ 

クロード・レヴィ=ストローズ 今福 龍太訳・著 みすず書房 2008年11月 203頁 4,000円+税

 

1930年代のブラジル旅行とアマゾンの先住民族との出会いを描いた『悲しき熱帯』(1955年)を著したフランスの世界的な社会人類学者であるレヴィ=ストローズによる1930年代半ばのサンパウロ写真集に、現代日本の気鋭の文化人類学者である訳者のブラジル省察、写真とをコラボレートさせた写真と文章の本。

時代は違っても、二人の文化人類学者がサンパウロの街路にSaudade(喪失と憧憬の感情)を感じ取った静かな、知的刺激に満ちた探求の随想である。    〔桜井 敏浩〕


〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「掲示板」→「図書案内」に収録〕

トップへ

 


ブラジル人児童と先生のためのポルトガル語コミュニケーション 

田所 清克、伊藤 奈希砂、ペドロ・アイレス共著 国際語学社 2009年5月 207頁 1,500円+税

約30万人いるといわれる在日ブラジル人のかなりの人たちが、数年間の"デカセギ"から滞在が長期化、定住化が増大している。それとともに以前にも増して深刻な課題になってきたのが、その子弟の教育問題である。しかも、昨今の世界同時不況による企業の生産縮小によって雇用や就労条件などで真っ先にしわ寄せを受ける非正規労働者が大半の彼らにとって、月に一人当たり4,5万円はかかるといわれるブラジル人学校へ子弟を通わせることの負担は大きく、少なからぬ子供たちが学校へ行かなくなるか、日本の公立学校への転入学を余儀なくされている。

日本の公立学校に入る場合は、日本語がよく出来ない保護者と当の児童、ポルトガル語を解さない教員にとっては、初めての登校時に学校生活がどういうものか? どのような手続や持ち物などの準備をしたらよいか? などから始まって、学校生活の中での行動や会話、先生や友達との付き合い方など、互いに意思の疎通に苦しむ場面が多い。

本書は、このような学校現場での様々な場面での初期段階でのやり取りを、日本語と片仮名の発音付きポルトガル語の対訳で聞く・答えるという問答集の形で懇切に示しており、互いの言語が判らなくても、指さしで意思を通わせることが出来るように工夫されている。巻末には、「先生のためのポルトガル語教室」とブラジルの国情、社会、文化、教育制度の概説と日本における日系ブラジル人児童教育の課題を指摘した「ブラジルを識るための10章」も付されており、教員等のポルトガル語とブラジルへの理解を助けている。

こういった現場レベルでの対話の成立こそ、在日ブラジル人の子供たちの不登校を減らし、周囲の日本人の子供たちや教員、父兄との交流を円滑にする身近な国際化の実践に寄与することは間違いない。〔桜井 敏浩〕

                   

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「掲示板」→「図書案内」に収録〕

トップへ


ブラジル人の就職に役立つ会話集 

田所 清克・伊藤 奈希砂、 ペドロ・アイレス国際語学社 2009年4月 125頁 1,200円+税


現在国際金融危機から世界同時不況が発生し、日本でもとくに自動車など輸出関連の製造業などが大きな打撃を受け、多くの企業・工場が操業短縮による在庫・生産調整を行っている中で、コスト削減のための雇用調整まで行っている事例は少なくない。その場合、真っ先に削減されるのが非正規雇用である派遣労働者であり、多くは日系ブラジル人等のいわゆる"デカセギ"である。

失業した彼らに対して、ブラジルで募集して就職を斡旋した派遣業者も、これまで有用な低廉労働力として使ってきた企業も直接雇用ではないとして、その再就職の世話には冷淡である。日本で数年働いてきたとはいえ、多くは主に機械的な作業を担当してきたこれらブラジル人の多くは日本語も十分ではなく、ハローワークや行政機関に行っても思うように意思の疎通を図れないことが、厳しい雇用情勢のなかで一段と再就職を難しくしている。

本書は、こういったブラジル人がハローワークに行って仕事を探す、相談員とやり取りをして仕事の内容や条件を確認する、実際の雇用企業へ赴き面接を受ける、履歴書や求職申込書を作ってみるなどの、最も基本的な行動を取る際の、最小限必要な会話と資料のポルトガル語・日本語の対訳集である。ブラジル人がこれを用いて会話し、あるいは該当する文を指さしすれば、葡語の分からない日本人もまた葡語発音の振り仮名により会話し、指さしすることで意思の疎通が出来るように工夫されている。

この本の執筆・出版の動機は、現場レベルで具体的に困窮の極みにある在日ブラジル人を支援したいという温かい思いにある。ブラジル人の窮状に対する多くの言葉による同情や提言よりも、いま必要なのは現実の問題打開のためにすぐ実際に役立つツールの提供である。本書が在日ブラジル人はじめ彼らと接触する行政の担当者の座右に置かれて威力を発揮することが望まれる。    〔桜井 敏浩〕

 

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「掲示板」→「図書案内」に収録〕

トップへ


   
ブラジル ナショナル・プロジェクト3社の社史

『日本ウジミナス五十年のあゆみ [鉄は日伯を結ぶ]』

日本ウジミナス五十年のあゆみ編纂委員会編 日本ウジミナス㈱  2008年4月 225頁 非売品

「50年の進歩を5年で」を標榜し基幹産業育成を図ったクビチェック大統領から一貫製鉄所建設への協力要請に応じて、1957年に日本ウジミナスが設立され、以後50年の建設、経営、拡張への協力、国営化とインフレによる日本出資比率低下、外貨危機による返済遅延、民営化等々の苦難の時代を経て、経営状況が様変わりし累損解消から新日鉄の直接参加など日本ウジミナスがウジミナス経営の存在感増すに至った経緯を詳述。

(連絡先:日本ウジミナス㈱ 電話 03-3201-6501)
  

『アマゾンアルミ・プロジェクト 30年の歩み』

日本アマゾンアルミニウム㈱ 2008年3月 162頁 非売品

わが国のアルミ資源の安定確保を目指したナショナル・プロジェクトが幾多の困難を乗り越えて成果を上げるに至るまでをまとめた社史。工夫をこらした豊富な資料は、非鉄業界に縁のない読者にも理解しやすい。

(連絡先: 日本アマゾンアルミニウム㈱ 03-3278-8831)
   

『日伯農業開発協力株式会社社史 -ブラジル・セラード農業開発協力事業30年の記録』

日伯農業開発協力株式会社 433頁 2007年12月 非売品

  
酸性土壌の荒野を一大耕地に変え、ブラジルの大豆を主要輸出産品にしたセラード農業開発事業の成功には、日本は技術、資金、経営指導など様々な分野で大きく貢献している。その推進には日伯合弁の農業開発会社CAMPOが事業地の選定と取得、入植農家の選定、技術指導等を行い大きな役割を果たしたが、その日本側出資会社の専務として、セラード開発協力に当初から長年尽力してきた足利和己氏が執筆した30年にわたる事業の詳細な記録。

(連絡先:代表清算人 永井 英 snagaijadeco@msg.biglobe.ne.jp)  ― (社)日本ブラジル中央協会
『ブラジル特報』「新刊書紹介」より転載
  

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「掲示板」→「図書案内」に収録〕

トップへ


逆さまの地球儀 ―複眼思考の旅

和田 昌親 日本経済新聞出版社 2008年12月 247頁 1,900円+税

 

地球儀を逆さにすると欧米や日本などが赤道の下になり、南米やオーストラリア、南部アフリカが上になるが、時としてこういった視点で世界を見る複眼的な思考が必要と、日本経済新聞のサンパウロ特派員をはじめニューヨーク、ロンドンに駐在した著者が多岐な題材を駆使して国際人の必要条件を説く。

北では非常識とみなされることは南では常識ことを、豊かなアルゼンチンの経済破綻、ブラジル経済の復活、NAFTAに入ったメキシコなどを概観した後、1980年代の累積債務問題について、「貸した側が悪い」「国は国、個人は個人」という"南の論理"、中南米特有の借金感覚という、異なる借金文化を紹介する。禁酒・禁煙運動、セクハラ防止、環境保護などをヒステリックな段階まで進んでしまうアングロサクソンに対し、それらでも何らかの逃げ道を残し、人生をエンジョイするのがラテン系とするなら、日本人はアングロサクソン流の規律への過剰反応が見られるものの、本来は村社会やお祭り好きな点でラテン的、玉虫色解決など許容範囲広い、柔軟な思考が出来る筈という。

南北を縦断する旅をすれば、「ラティーノ」が次第に人種構成でも、文化でも大きな部分を占めるようになってきた米国の実態に気がつく。かつての米国の"裏庭"では、ボリビア、エクアドル、ベネズエラ等の国々で左翼政権が次々に出現し、南の国々は自己主張を強めているのである。

著者の東西南北を飛び回る知的関心が旺盛な旅は、読む物を飽きさせないが、やはり気になるのはいびつな国際化といわざるをえない、外から見た日本の将来である。逆さまの地球儀の下にわずかに見える日本が、本当に米国追随一辺倒でよいのか? という点は、外交、安全保障だけでなく、経済、通商、金融分野でも「居心地のよさ」を捨て、米国に率直にものをいい、地域全体、他国の繁栄のためにコストを払う時期に来ていると指摘する。外を知り、内を知れば知るほど、世界から取り残された日本が心配であり、「非グローバル主義」といわれても仕方がない面を、日本語を解さない外国人には不親切、不便極まりない成田空港や、すぐれた技術力を持ちながら国際標準から外れ鎖国状態である情報通信の例を挙げて分かりやすい。

難民に優しく、待ったなしの外国人労働者の受け入れ体制を作り、日本流でよいからとにかく英語で情報の発信・受信をできるようにすることを説き、最後に「少子化日本の生きる道は3K―改革、開放、国際化である」という、知日派の前英国大使の言葉で締めくくっている。〔桜井 敏浩〕                    

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「掲示板」→「図書案内」に収録〕

 

トップへ


移民環流 ―南米から帰ってくる日系人たち

杉山 春 (新潮社   2008年11月 254頁 1,500円+税


日本社会には39万余の南米人が暮らしている。本書は、在日日系ブラジル人をめぐる犯罪、その犯人の母国への逃げ帰り、子弟の教育や就職に立ちはだかる排他的な日本社会の現況、彼らの親たちの意識などの問題を正面から取り上げ、日本で犯罪を行いながらブラジルに逃亡した容疑者をその故郷にまで追い、デカセギからの帰国者のその後の生活と心情を現地にまで取材したドキュメンタリー。

日本人のブラジル移住が始まってから100年、一世、二世と、現在の日系人の考えや生き方は大きく変わってきていているところへ大量の日本へのデカセギの輩出は、ブラジルでの日本人共同体を変質させている。一方、日本社会ももはや否応なしに外国人労働者を受け入れなければ生産現場やサービス分野が回らない状況にあるにもかかわらず、共生の意識と態勢はほとんど進んでいない。
地方の南米人集住地域の行政、公立学校は対応に苦労しており、ボランティアの驚異的な働きに依存している現状の問題点を、多くの実例の取材と日本・ブラジルの識者へインタビューによって明らかにしている。 〔桜井 敏浩〕
                          


〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「掲示板」→「図書案内」に収録〕

トップへ




遠くにありてつくるもの ―日系ブラジル人の思い・ことば・芸能

細川 周平 みすず書房 2008年7月 474頁 5,200円+税

  
2008年は日本人ブラジル移住100周年。離郷した日本からの移民の郷里に向け「思い」「情け」「郷愁」の探求という、従来の学術的な移民研究ではあまり掘り下げられなかった観点から調査を行った労作。

祖国敗戦を認識しても、日系ブラジル人としてすぐに新たな帰属意識を心の底から受け入れた訳ではない、むしろブラジルにいるからこそ「日本人」という出自を気にする離郷経験の心向きと行動との結びつき(迂回)を、移民の作った短歌、俳句、川柳から探っている(第Ⅰ部)。この迂回が顕著に出てくるのがことばであり、外国語となった日本語にポルトガル語からの借用が頻繁に用いられる、いわゆるコロニア語が出来た。一方、著者は1920年代に青年移民が持ち込んだ弁論大会から、日本語が少数民族語になったブラジルでの民族思想の表現を、また日本語が先住民ツピ族のことばと同じ源から発しているという新聞人香山六郎の説を検証することによって、戦後暫くまでブラジルでは正式の国民のメンバーとみなされていなかった日本人が、ヨーロッパ人の到来・移民より先にいた部族の兄弟であるという政治的含みをもった主張を生み出したことを例証している(第Ⅱ部)。

第Ⅲ部は、『サンバの国に演歌は流れる ―音楽にみる日系ブラジル移民史』(中公新書、1995年)などの著書のある著者の得意分野である芸能分野からの検証である。「マダム・バタフライ」を演じた3人の日本人歌手に対する邦字紙とポルトガル語紙の記事比較、近年多くなってきたカルナバルへの日系人の参加、日系ブラジル人の間で移民史の有名無名人の物語を語る創作浪曲は、本書のテーマである情けに浸った典型的芸能として最後に論じられている。

これまでの移民史研究にない、移民たちの心に生じた矛盾を包含する心意・心象を見据えた興味深い史料である。  〔桜井 敏浩〕  
                       

〔『ラテンアメリカ時報』2008/9年冬号(No.1385)掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕 

トップへ

                     


社会の鏡としてのブラジル文学 ―文学史から見たこの国のかたち

田所 清克・伊藤 奈希砂 国際語学社 2008年9月 487頁 4,500円+税

    
日本において比較的読まれるようになってきたラテンアメリカ文学の中で、スペイン語に比べるとポルトガル語を解する日本人は少ないこともあってか、ブラジル文学は依然マイナーな位置にある。大きな魅力をもったブラジルを知る上で、社会史、文化史の一つとしてその文学を知ることは大いに有益である。

本書はブラジル文学を詳細に時代区分し、1500年から現代に至るまで、それぞれの時代の特質、歴史的・社会的背景を解説して、代表的な文学作品の著者、著作、その時代性と意義などを紹介している。日系コロニアの日本語文学の章も設けられており、田所教授(京都外国語大学)の収集した膨大な文献・資料からの豊富な引用訳文、資料写真、年表、邦訳文献・参考文献リスト、索引も付されていて、ブラジル文学の背景にある時代性と思想、文化性も分かり、全体像を掴むよい手がかりとなる労作である。       〔桜井 敏浩〕
                          

〔『ラテンアメリカ時報』2008/9年冬号(No.1385)掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕

トップへ


アマゾン源流「食」の冒険 

高野 潤     平凡社 新書 2008年6月 208頁 860円+税

   
25年にわたってアンデスやアマゾンを撮り続けきた写真家の過酷な取材の旅の中で、食と酒、飲み物に焦点をあてた、まさしく冒険的食生活の紹介。アマゾン河流域に暮らす人々の主食ともいえるバナナ、ユカ(マンジョカ)、ピラニアや巨大ナマズなどの多種多様な川と湖の魚の調理法、森と川のキャンプ生活での野外料理と旅の携行食料の工夫、蒸し焼きと薫製や干物その他の保存食の知恵、旅の携行酒と自家製酒醸造、そしてコロンビアの女性ゲリラ兵士も出入りする村の食堂、町や都会のレストランの料理、市場の素晴らしい味の熱帯果物、薬効があると信じられている蛇の脂や樹皮、樹液、根茎などを紹介している。

豊富な著者のアマゾン体験の中での見聞と写真は、読者にあたかも一緒にアマゾン河の探索旅行に行ったような気分にさせてくれる。    〔桜井 敏浩〕

                         

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「掲示板」→「図書案内」に収録〕

トップへ


日本で最初の喫茶店「ブラジル移民の父」がはじめた ―カフエーパウリスタ物語

長谷川 泰三 文園社 2008年11月 254頁 1,700円+税

1908年の笠戸丸によるブラジルでのコーヒー豆採集の労働者として日本人移民事業は、失敗に終わって会社は倒産したが、後に「ブラジル移民の父」といわれる水野龍はサンパウロ州政府との移民送り込み契約を果たすべく尽力していた。サンパウロ州政府はその功績を認め、事業継承移民会社の救済とブラジル・コーヒーの日本での宣伝の意味で、水野にコーヒー豆の12年間の無償供与を行った。

そのコーヒー豆の販売のために明治43年に設立されたのが「カフエーパウリスタ」であり、同年箕面に、半年遅れて銀座に、次いで道頓堀に焙煎、販売とコーヒーを飲ませる店を開業した。社名は第二次世界大戦中に日東珈琲と変えざるをえなくなったが、喫茶店は現在も銀座8丁目の中央通りに面して健在である。

水野龍によって日本移民のコーヒー農園労働の辛苦と努力を伝え、サンパウロ州政府の負託に応えるべく起業されたカフエーパウリスタだが、まだ日本人がコーヒーに馴染みが薄かった明治末期から大正時代のハイカラ嗜好にのって銀座に華開いた新しい文化の象徴として、多くの著名人、芸術家、作家などを惹きつけた日本の喫茶店文化の草分けとして、またコーヒーとともに供したケーキや洋食などにより、日本の食生活の洋風化にも大きな影響を及ぼした。

筆者は日東珈琲の前社長。日本移民の貢献に対してサンパウロ州政府の好意により始まったカフエーパウリスタが、日本でコーヒーを普及させ世界第3位の消費国までにし、日本の食品業界の多くの人材を送り出したことを、様々な資料により愛着を込めて描いている。〔桜井 敏浩〕

    
〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「掲示板」→「図書案内」に収録〕

トップへ


新たな交流に向けて - 日本ブラジル交流年・日本人ブラジル移住100周年記念特集誌

(社)日本ブラジル中央協会編・発行 2008年12月 118頁

 

2008年は日本人ブラジル移住100周年の年にあたり、両国政府に
より「日本ブラジル交流年」と定められ、両国で公式記念式典が
様々な形で行われたが、創立76年となるブラジルとの民間交流
窓口である(社)日本ブラジル中央協会が、これを記念して発行し
たブラジルの総合的な概説とさまざまな分野の人によるエッセィ集。

第1部の祝辞に続いて、第Ⅱ部では日本とブラジルのこれまでの
交流、今後の拡大について、概説、貿易、日本にとってのブラジル
の食糧、対ブラジル投資、ナショナル・プロジェクトの役割と展望、
ビジネスから見た交流、日系コロニア社会と在日ブラジル人問題
という他国とは異なる人的関係、日本とブラジルを結ぶ文化交流、
ブラジルの文学、映画、音楽について、それぞれ専門家が執筆し
ており、「日本ブラジル交流年」実行委員会副委員長を務めた鈴木
勝也元駐ブラジル大使(協会理事長)がこれからの100年の両国
間交流をどう盛り上げるかを総括している。

第Ⅲ部「ブラジルと私」は、実に多方面の人たちによるこれまでの
ブラジルとの関わりを綴ったエッセィ集であり、日本とブラジルとの
現在に至る交流を多くの日本人が熱心に推進し、それを好意的に
見ていることを感じさせる。 〔桜井 敏浩〕

表紙(縮小)0901.JPG (23585 バイト)


(詳細はhttp://www.latin-america.jp/modules/weblinks/visit.php?lid=394
頒価
-送料込み1,300円。申し込みは同協会事務局へ
メール:
nipo-rasil@hysm.ftbb.net Fax 03-3597-8008

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「掲示板」→「図書案内」に収録〕

トップへ


燃料か食料か ―バイオエタノールの真実 

坂内 久・大江徹男編 日本経済評論社 2008年7月 292頁  2,600円+税

世界的な地球温暖化傾向への警告として、エタノールなどのCO2をこれ以上増やさないエネルギーへの関心が高まっている。最近の原油価格の高騰が、これら再生可能エネルギーの採用を大きく後押ししている。

ブラジルは第一次石油危機の直後の1975年に国家プロアルコール計画を採用し、主にサトウキビを原料とするアルコール(エタノール)を燃料とする自動車の普及に力を注いできた。その後補助金による支援は無くなったものの、現在ガソリンにエタノールを25%程度混入しており、またいかなる割合でガソリンとエタノールを給油してもエンジンが自動的に対応するフレックス車の普及により、広くエタノールが使われている。広大な農耕可耕地をもつブラジルは、サトウキビによるエタノール生産では、トウモロコシによるエタノールを生産する米国に次いで世界2位だが、輸出余力という点では量的にもコスト的にも断然世界一である。

一方、米国のブッシュ政権は国内産業界の経済的利益から、先進国の中で唯一京都議定書の枠組みを拒否しているが、この数年はエタノール使用の推進を打ち出している。

本書は、ブラジル、米国、中国のそれぞれの国でのエタノール生産、EUでのバイオ燃料政策、東南アジアでのパーム油によるバイオ・ディーゼルの生産を紹介し、米国の環境政策とバイオ燃料をめぐる産業間の対立と協調、エタノールと米国のトウモロコシ生産、価格の変動、そしてセルロース系の非食料原料によるエタノール生産開発の現状と環境・食料への影響を、7人の研究者が分析しているが、まさしく「燃料か、食料か?」「エタノールの生産とその使用をめぐる世界の情勢はどうなっているか?」という今日大きな関心を集めているこの非化石燃料の実情を理解する上で、極めて適切な一冊である。    〔桜井 敏浩〕

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「掲示板」→「図書案内」に収録〕           

 

トップへ


日本から一番遠いニッポン ― 南米同胞百年目の消息

三山 喬 東海教育研究所発行・東海大学出版会発売 2008年6月 342頁 2,800円+税

    
朝日新聞で13年間記者をした後、リマで邦字紙『ペルー新報』の記者をしながら南米取材を続けてきたフリージャーナリストによる南米日本人移民のドキュメント。

ボリビアの奥アマゾン河上流の僻地には、今なお日本名の地名や姓をもった人たちがいる。ペルー移民のアマゾン・ゴムブームを目指したアンデス下りの日本人の末裔たちだが、現地の女性と結婚して出来た二世、三世には日本語はもとより日本文化・慣習の痕跡はほとんどない。ペルーには日系二世の闘牛士がいるが、当時のペルー社会の排日気運の残りから日本人の血が入っていることは恥ずかしかったという。ブラジルでは勝ち組テロの記憶、在日ブラジル人若者の社会問題、アマゾン移民の現実、邦字紙記者仲間を取り上げているが、そこに共通するのは移住者が常に直視させられる「同化」か「非同化」という自問である。

ブラジルの勝ち組・負け組抗争にしても、負け組が現実を認識してブラジル社会への同化で生きていかなければと考えたのに対し、勝ち組みは日本民族の独自性を維持していこうという考えだったのだが、それは現在それぞれの文化の違いを認め合いつつ共存していこうというグローバリゼーションの流れに通じるものがあると解するなど、日本も移民労働者の大量移入が真剣に考えねばならなくなっていきている現在、興味深い事例が多く一読に値する。  〔桜井 敏浩〕                      

〔『ラテンアメリカ時報』2008年秋号(No.1384)掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕
  

トップへ


中南米が日本を追い抜く日 ―三菱商事駐在員の目

石田 博士構成 朝日新聞出版 - 新書 2008年6月 223頁 720円+税

    
中南米9カ国―ブラジル、チリ、アルゼンチン、パナマ、ベネズエラ、キューバ、ボリビア、コロンビア、ペルーの三菱商事のラテンアメリカ駐在員が、それぞれの任国での仕事や生活、お国ぶり、異なる人々の暮らし、その背景にある歴史からグルメ事情に至るまで、現地の生の情報を伝えることで、遠く離れた本社の社員に身近に感じてもらおうと、本社の関係部署に毎週送ったメモを基に、朝日新聞サンパウロ特派員が各地に点在する駐在員から聞いたエピソードを交え、構成したものである。

世界の食料庫となってきたブラジルの農畜産、チリのワインや養殖鮭の対日輸出の苦労、日本市場の見えざる非関税障壁に阻まれるアルゼンチンの農牧産品、パナマ運河拡張の一大プロジェクト、世界が注目する地下資源を持つチリ、バイオエタノールの輸出国ブラジル、風力発電や自動車用水素燃料を進めるアルゼンチン、石油の国家管理を強化するベネズエラ、カストロ後のキューバなど、商社マンならではのビジネス最前線での動きが紹介されている。しかし、かつて新自由主義の実験場だったチリ、初の先住民大統領を選んだボリビア、テロとの闘いに注力したペルー、コロンビアなど、政治や社会の変化にも目を配っている。ブラジルの知られざる先端産業―航空機製造、金融や税務面で優れたブラジルのIT、情報通信産業への参画経験は、中国や南アフリカなどの新興国で活かせるはずであり、グローバル展開に繋がるとしている。

商社マンが見た資源、エネルギー、食糧の宝庫であるラテンアメリカが、いま経済成長、民主化のパワーによって大きく躍進しようとしている姿を読者に生き生きと垣間見せてくれる。 〔桜井 敏浩〕


〔『ラテンアメリカ時報』2008年秋号(No.1384)掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕

トップへ


   
アメリカ帝国のワークショップ ―米国のラテンアメリカ・中東政策と新自由主義の深層

グレッグ・グランデイン 松下 洌監訳 明石書店 2008年6月 391頁 3,800円+税

  
米国は第二次大戦後共産主義封じ込めの名の下にブラジル、チリ、アルゼンチンでクーデタを奨励してきたが、合衆国が直接的な植民地主義でなく、域外の諸国を統治する超領域的帝国としての経験を大規模にしてきた地域こそラテンアメリカだったのである。1980年代にはグアテマラ、エルサルバドル、ニカラグアで残忍な「低水準」戦争を行わせた。時の政権と軍事優先主義者、軍事産業からキリスト教福音派、自由市場主義者、ナショナリストの同盟が最初に結びついたのが、レーガン政権下での中米政策であり、それは今ブッシュ政権による「テロとの戦争」に突き進み、中東―特にイラクで行われていることの予行練習だったと理解される。

著者はニューヨーク大学で中米史、ラテンアメリカ史を講じる優れた歴史家だが、米国の外交政策とその意思決定の背後で、政治家、政府・軍事関係者だけでなくキリスト教のニューライトや市場経済主義者なども大いに影響を及ぼしていることを、チリのピノチェト政権の分析で明らかにしている。

現代ラテンアメリカの新しい世代の桃カ翼柏ュ権には、例えばベネズエラのチャベスとチリのバチェレの如く多くの相違がある。しかし、それぞれの政治スタイルや政策は異なっていても、「米国の裏庭」状態を弱めるために地域統合を前進させ、投資資源を米国以外に多角化し、成長だけでなく公平さを促進する経済政策などは共通していると見られることの背景を知るに、本書の緻密な分析は極めて重要な示唆を与えてくれる。  〔桜井 敏浩〕

       
〔『ラテンアメリカ時報』2008年秋号(No.1384)掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕

トップへ


夢の彼方への旅 

エヴァ・イボットソン 三辺律子訳 偕成社 2008年6月 381頁 1,600円+税

ロンドンの寄宿学校で暮らす少女マイアは、考古学者の両親を事故で亡くし、マナウス郊外で天然ゴム事業を経営する遠縁に預けられるべく、家庭教師のミントン先生とともにブラジルへ向かう。ゴム景気でアマゾン河中流のジャングルを切り開いたマナウスは、ヨーロッパ文明を持ち込んだ美しい町だが、養親一家はマイアのために送られてくる養育費目当てで引き受けたであり、双子の姉妹がことある毎に意地悪をする。しかし、ミントン先生や博物館長の理解もあって、マイアは次第にアマゾンの自然と人、生活に魅せられ、調査中に事故死したイギリス人博物学者の遺児フィンと知り合い、先住民とも馴染むようになる。

フィンの亡き父は貴族の次男で、長男が落馬死で跡取りがなくなった祖父が、血筋の続く後継者を求め連れ帰るべく探偵を雇ってマナウスまで探索の手を伸ばしてきた。その情報提供者への懸賞金に双子の姉妹は色めきだちマイアの行動を探り、ついにその居場所を突き止め通報するが、実はそれはフィンが旅芸人一座から抜け出したクロヴィス少年を身代わりに立てて、マイアと博物館長の協力を得て仕組んだことだった。

イギリスへ帰り貴族家の孫の演技をするクロヴィス。他方亡きインジオの母の郷里のシャンティ族の地に向かうフィンとマイン、それを追うミントン先生と彼女に好意をもつようになった博物館長。

彼らはシャンティ族に迎えられ、その仲間として扱われて幸せなひとときを過ごすが、"救出"に来た河川警察に連れ戻される。マインとミントン先生はこの行動で遺産管理人から帰国を命じられ、クロヴィスの告白によって祖父が倒れたとの急報に責任を感じたフィンとともにイギリスに戻るが、最後は3人は再びアマゾンに戻ることができるようになる。

マイアやフィンの数奇な出自とそれから生じるミントン先生やクロヴィス、養親一家などを巻き込んだドラマを、アマゾンに暮らす先住民の自然との共生生活、マナウスの社交界、20世紀初めのゴム採集業などを背景において、ストーリー展開は飽きさせず児童書ながら大人にも一気に読ませる。 〔桜井 敏浩〕
                           

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「掲示板」→「図書案内」に収録〕

トップへ


サンパウロ市生まれの二世たちの眼差し ―ブラジル社会への同化 横田パウロ

"O Olhar dos Nisseis Paulistanos" Paulo Yokota 

Editora JBC  2008年6月 葡語274頁・日本語訳249頁・写真16頁  
非売品 〔ポルトガル語・日本語〕

    
1964年に発足した軍事政権で、農相、企画相などを歴任し"ブラジルの奇跡"を主導したデルフィン・ネット サンパウロ大学教授の門下生として、中銀理事やINCRA(国立殖民農地改革院)総裁などとして活躍し、現在もコンサルタントの傍ら日伯21世紀協議会のブラジル側委員として、またサンタクルス病院理事長として社会貢献に努めている筆者の、二世としての人格形成、経験を中心にした半生記。

単なる自伝ではなく、例えば農業協同組合を含めた日系コミュニティの企業、日本からの進出企業がなぜ成功例が少ないか? 日本とブラジルの交流、グローバリゼーションが進む中でのブラジルとアジアの関係などについて、エコノミストとしてかつ政府内部関係者としての立場にいたことがある筆者の識見が随所に窺え、植木茂彬元鉱山動力大臣や、日系初の弁護士の一人である芳我貞一氏へのインタビューも収められていて、日本ブラジル関係を知る上でも有用な資料になっている。日葡語二カ国語。

(サンタクルス病院への寄付者に贈呈されているが、特別注文での取り寄せについてはJBコミュニケーション東京支店 電話 03-5685-6891 天野営業部長へ) 〔桜井 敏浩〕

                                                            〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「掲示板」→「図書案内」に収録〕

トップへ


ブラジルの歴史 

ボリス・ファウスト 鈴木 茂訳 明石書店 2008年6月 544頁  5,800円+税


サンパウロ大学で長く文明史、政治史を講じたブラジルの代表的歴史家によるブラジル通史。ポルトガル領アメリカ植民地時代から独立以降の帝政時代、第一共和国とヴァルガス政権、第二次世界大戦後の民主主義の実験、1964年から21年間続いた軍事政権を経て民主化に移行し、カルドーゾ政権を経てルーラ大統領当選に至るまでを詳述している(2005年4月に加筆)。

歴史叙述に力点を置いているが、ブラジル史の中心的なテーマ、例えば奴隷制の性格、独立後にブラジルが分裂しなかった事由、権威主義体制から民主主義への移行の特徴などの議論と著者の見解を組み合わせている。

ブラジル史はともすれば、進化の過程であると捉える視点と、政治や社会に対する国家優位から起きる様々な問題が時代を通じて繰り返されてきたという「惰性」を強調する見方が多いが、著者はこれらとは反対に、時代を追って叙述することにより、同じ状況が続き現状追認がなされながら、政治、社会・経済は変化することを示そうとしている。

巻末には、部分的に異論があることを指摘した訳者解説、参考文献リスト、年表が付いている。同じ訳者・出版社による高校教科書訳『ブラジルの歴史』(2003年)という良書が出ているが、より深くブラジル史を知りたいという読者には本書とあわせ一読を薦める。 〔桜井 敏浩〕                  

〔『ラテンアメリカ時報』 2008年夏号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕
  

トップへ


比較政治―中南米

恒川 恵市 放送大学教育振興会 201頁 2008年3月 2,200円+税

    
現代の中南米において民主主義手法によって誕生した多くの"左派"政権の政策は多様である。経済不況・社会不安が長期にわたって続いていて、政治的な妥協と安定に不利な状況であるにもかかわらず、民主主義体制は持続し、従来の権威主義に逆戻りは起きていない。

本書はラテンアメリカ政治の第一人者である著者(政策研究大学院大学教授)が、中南米の政治を比較政治学、政治体制論によって20カ国を全体として比較し、また政治変動という点で典型的なパターンを示している5カ国を事例に取り上げ解説したものである。

まず、中南米の経済、社会、政治状況の現状を概観して、本書の焦点を明らかにし、比較政治学の中での中南米の軍事政権型、個人独裁型の権威主義体制論、民主化論、ポピュリズム体制の起源、展開、挫折、ポピュリズムという"ガス抜き"を持たなかった小国での内戦と革命、中南米での民主化の進展などを概観している。

その後アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、ペルー、ニカラグアについて、それぞれ異なる政治的背景、推移を述べ、最後に現代中南米政治で最も目立った現象である、民主主義の持続、先住民の政治的復権、"左派"の復活を考察する。 比較政治学の精緻な理論を知ろうという放送大学の教材だが、一般読者にも理解しやすい説明になっている。 〔桜井 敏浩〕
   

〔『ラテンアメリカ時報』 2008年夏号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕
    

トップへ


ブラジル 巨大経済の真実 

鈴木 孝憲 日本経済新聞出版社 2008年6月 225頁 1,900円+税

    
ブラジル東銀、デロイト・トウシュ・トーマツ等にあって長く現地でブラジル経済ウォッチを続けてきた著者が、資源大国から経済大国に変貌しつつあるブラジル経済の魅力と最新動向を具体的な事例により解説している。

1950年代から今日に至るブラジル経済の変化を概観した後、ハイパーインフレと対外債務問題を克服して真の大国への道を歩み始め、鉄鉱石のほかにも無尽蔵な地下資源、石油自給、世界の食料供給図を塗り替えるアグロ・インダストリー、世界を動かすバイオエタノールといった巨大なポテンシャリティを持ち、主要外資が相次いで参入する第三次ブラジル進出ブームの実情、これらを受けて国際的にも展開する産業界、一方で中国製品の流入ラッシュといった、かつてと大きく変容したブラジルを紹介している。

しかし、税制、金利、大きな政府、為替の過大評価等の経済の問題点、構造改革の必要性が依然としてある一方で、様々な分野に豊富なビジネス・チャンスが存在し、カントリーリスクが著しく改善し、政治は極めて安定度が高いことを指摘している。

終章で真の経済大国に向かう今後の展望と、進出を志す日本企業への具体的なアドバイスとして、事前調査をきちんと行うこと、ブラジルを経営の世界戦略の中で位置づけを明確にし、投資規模は「小さく産んで大きく育てる」日本方式を改める、本社の直接管理をやめ人の問題を含め現地化を図ることなどを強調しているのは至言である。〔桜井 敏浩〕

                     

〔『ラテンアメリカ時報』 2008年夏号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕

トップへ


海外派遣者ハンドブック-ブラジル編』 

(社)日本在外企業協会 2008年3月 172頁 3,000円+税   申し込み:電話 03-3567-9271、Fax 3564-6836

     
日本企業のブラジル派遣者のために、日本の進出企業が経営上最も重要な課題である労務管理、労使関係の解説、事例、資料をまとめている。

まずブラジルの労使関係を、雇用と労使関係、労働法制、貧困と治安、企業の社会責任、日本人派遣者の心得7カ条で概説し、次いで雇用、労務管理、労使関係、マネジメント、異文化理解と摩擦、派遣者の日常生活を、それぞれ豊富な事例で解説している。

資料編として近年の個別労働法制改革の内容、現地労働事情と現地駐在に関するアンケート、ブラジル関係情報・資料などを付けている。ブラジル企業問題に詳しい小池洋一立命館大学教授を主査に、日伯紙パルプ、本田技研、丸紅、YKKなどの企業や経団連、日本労働組合総連合会国際局、在外企業協会の実務家が参加した委員会で取りまとめた。

ブラジルでの社会慣行・文化の違いや労使双方の理解不足から、派遣者が経験する恐れのあるトラブルの豊富なケーススタディは大いに参考になる。  〔桜井 敏浩〕

                    

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕

トップへ


グローバル化時代のブラジルの実像と未来

富野 幹雄編 行路社 2008年4月 271頁 2,500円+税

     
ブラジルの過去から現在に至る実像を、奴隷制と奴隷貿易、移民受け入れから送り出しへの推移を述べた国際的な労働力の移動、都市と北東部、農村部の貧困問題と社会運動、人種と地域格差からブラジル社会の特徴である多様性と不平等を、「現下の諸相と将来への息吹」としてのファベーラの若者の音楽、そして観光、教育、民衆文化と政治、地方開発と地方財政、在日ブラジル人の定住化、さらにアグリビジネスの成長とアマゾン森林破壊という13のテーマで、それぞれの専門研究者が解析している。

広大なブラジルの多様な社会、経済、政治、文化を網羅的に取り上げ、全体としてブラジルの実像と未来像を見ようと試みたものだが、多岐にわたるテーマはそれぞれに興味深い。 
〔桜井 敏浩〕 

        
〔『ラテンアメリカ時報』 2008年夏号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕

トップへ



愛するブラジル 愛する日本

ブラジル民族文化研究センター編 金壽堂出版 2008年6月 174頁 1,800円+税


ブラジル日本移民100周年と同センターの創立30周年を記念して編まれた各界ブラジル関係者による寄稿文集。

「ブラジル民族文化研究センター( http://www.centro-do-brasil.com/ )」は、ブラジル文学を日本に精力的に紹介している田所 清克京都外国語大学教授が主幹となって1988年に創設された関西のブラジル文学、地域研究を勉強する人たちの集まりである。

日本ブラジル交流年・ブラジル日本人移住100周年とセンターの30周年への各界からの祝辞、毎日新聞社が所蔵する日本人ブラジル移住の貴重な写真の紹介、移民、社会・資源、文化交流、企業での経験、文学、音楽、教育など多岐にわたる分野を、延べ50人余が寄稿している。巻末には、「当センター推薦 ブラジルを知るための100点」という様々な分野の参考図書リストも載せられている。

ブラジル好き、ブラジル研究に情熱をもつ人たちの熱気が随所に感じられる構成、文章ばかりである。〔桜井 敏浩〕

                    

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕

トップへ


目で見るブラジル日本移民の百年 -ブラジル日本移民百年史別巻
  

ブラジル日本移民史料館・ブラジル日本移民百周年記念協会百年史  編纂委員会編 風響社 2008年4月 251頁 1,905円+税

   
移住100周年記念事業として日系団体が総力を挙げて編纂する『ブラジル日本移民百年史』全5巻がこれから2011年末までの予定で刊行されることになったが、これはその第1冊別巻の写真集。

笠戸丸移民以前の先駆者、第1回の笠戸丸移民とその頃のコロノ(コーヒー農園の契約労働者)時代、日本人移住者の独立を目指しての開拓、教育、文化活動を含む日伯関係の幕開けから、戦時中と戦後のナショナリズムの狭間の排日運動、勝ち組・負け組騒動や祖国帰還を謳った詐欺事件などの困苦、在留から永住への変化と戦後移民の到着、二世の台頭と一世の成熟による日系社会の安定と発展、農業、日本企業進出と地場産業の拡大、スポーツや文化などでのブラジルへの貢献、グローバル化の中のニッケイと、それぞれに写真を集大成し、日本語とポルトガル語で簡単な解説を付けてある。巻末に地図と日本移住史年表も収録されている。

100年に及ぶブラジルでの日本人移民の足跡を物語る、実に貴重な写真が数多く収録されていて、移住の実態を目で理解するためにも有用で一見を薦めたい。 〔桜井 敏浩〕

                       

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕

トップへ


超積乱雲 

 醍醐 麻沙夫 無明舎出版 2008年2008年3月 567頁 2,800円+税

    
ブラジルに在住する作家による、アマゾン河流域に入植した昭和初期に始まる日本人移民の喜怒哀楽を壮大なスケールで描いた大河小説。
   
11歳で両親、弟ともにマウエスに入植した池田登与子を軸に、一家の当初の開拓の苦闘、木島武司との結婚の約束、ベレンへの移転後野菜の栽培、販売で生活が軌道に乗り始めたところで、第二次世界大戦が勃発。ブラジルと日本は国交断絶し、日本人移民は苦難の生活を強いられる。トメアスにジュート、ピメンタ(胡椒)栽培の適地を求めて移動し、登与子の才覚によってピメンタで成功する。

そして終戦、サンパウロ州に旅行中だった武司は、勝ち組による敗戦認識者へのテロ抗争に巻き込まれて監獄入りを余儀なくされる。

遙々トメアスから面会に来た登与子と武司は結婚したものの、武司は旅を続け自分を見極めたいとボリビア、ペルーへ向かうが、リマでの勝ち組騒動の後、あらためて登与子への思いを自覚しアマゾンに戻って再会するまでの波乱の家族史を描いたものである。

アマゾン移民や勝ち組・負け組抗争のいきさつなど、現地に長くいる著者ならではの細部にわたる記述は、まさにひとつの移民史である。  〔桜井 敏浩〕

                   

〔『ラテンアメリカ時報』 2008年夏号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕

トップへ


ペレ自伝 

ペレ   伊藤 淳訳 白水社 428頁 2008年4月 2,800円+税

  
いわずと知れた「サッカーの王様」Pelé ことエドソン・アランテス・ド・ナシメントの自伝。

1940年にブラジルのミナスジェライス州の田舎町で貧しい黒人サッカー選手を父として生まれたが、膝の故障で挫折を余儀なくされた父の指導もあってフットボールの才能を伸ばし、ブラジル有数の名門クラブの一つサントス FC に入り16歳で公式戦出場、その黄金時代形成に大きく貢献した。4年に一度のワールドカップ大会にブラジル代表として4度出場、3度の優勝に貢献、生涯1363試合に出場、1281得点という前人未踏の記録を打ち立てた、フットボール史上不世出の名選手であることはよく知られている。

そのペレの誕生、幼少期、サントス入団、ブラジル代表としての4度のワールドカップ、サントス退団後に移籍した米国のニューヨーク・コスモスでの活躍、引退、そしてビジネスに手を染め、今日までを細部に至るまで詳細に述べている。

常に「美しさ」を追求したフットボールの克明なゴールの記憶以外に、二度の結婚、家族、なかでも息子の逮捕、ビジネスでの失敗、そして少なからぬ女性とのゴシップなど、私生活についても包み隠さず語っており、純粋で誠実な人柄は、サッカーファンでなくても魅力を感じさせる。
〔桜井 敏浩〕

                    

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕

トップへ


世界史史料 7 -南北アメリカ 新住民の世界から一九世紀まで

歴史学研究会編 岩波書店 2008年3月 414頁 4,000円+税


米大陸全般の歴史を広い視点からたどるための史料集。 先住民文化から植民地社会形成、19世紀の経済発展と社会変容まで、重要な関連史料の抜粋邦訳が系統別にコンパクトな解説と組み合わせており、大変有用な資料集であるとともに、歴史読み物として拾い読みしても興味深い。

マヤ、アステカ、インカ文明に関する記述から始まり、ラス・カサスによるインディアス論争、ジャガイモ、トウモロコシをはじめ旧大陸になかった新しい食物の発見、イエズス会の布教村、植民地社会の形成、ハイチが先鞭を付けた各地域の独立と革命、貿易と大土地所有制、ラテンアメリカにおける国民統合、そしてパナマ運河建設にみられる米国の膨張と米州関係に至るまで、米州の歴史を形成した様々な史料が収められている。それぞれの分野の専門家が原史料から新たに訳し解説を付している。

コロンブス到来前から20世紀初めまでの、それも南北アメリカの長い歴史を凝縮したことから、それぞれの史料抜粋と解説とを合わせても2頁足らずであり、いささか物足りなさを感じさせる部分もあるが、アメリカ大陸の歴史の流れを原資料の一端に触れて読むことができ、是非手元におきたい有用な史料集である。     〔桜井 敏浩〕
     

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕

トップへ


ジャパニーズ・ディアスポラ 

足立 伸子編著  新泉社 2008年4月 412頁 4,600円+税

    
北米の日系人たちは、第二次世界大戦中に強制収容という苦い経験から、戦後は日本人町といった民族集団居住地区は偏見を煽り人種差別の対象になりがちになることを怖れ、分散して住んでいる。そのため北米の研究者の間で「ディアスポラ」という概念が日系人コミュニティに当てはまるか論争が起きている。

他方、現在北米で進んでいるアジア系アメリカ人研究の中でしか日系人研究が行われ、北米以外の国に住む日本人、日系人に焦点が当てられない、日系アメリカ人研究ではあっても日系人研究ではない状況になっている。

本書は、アジアの移民先駆者の起源、日本社会から移民が出て行った歴史、日本人移住の事例として満州、フィリピン、ブラジル、カナダ、ペルー、ボリビアでの歴史と現状を考察し、日本に回帰した日系ブラジル人、シンガポールで働く日本人女性を取り上げ、各地域で多様な現実に直面していく中で、新たに創られ変容していく文化的アイデンィティを、17人の研究者が分析している。     〔桜井 敏浩〕
   

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕
   

トップへ


   
悲しい物語 ―精霊の国に住む民 ヤノマミ族
 

アルナルド・ニスキエル      田所 清克・嶋村 朋子訳 国際語学社 2007年8月 30頁 1,000円+税


ブラジルとベネズエラの国境地帯、アマゾン河の森には1980年になって初めて白人との接触があったヤノマミ族という先住民が伝統的な狩猟採集生活を営んでいる。密林の中で先祖の祭りや儀礼を通じて、常に自然の精霊に畏敬と感謝の念をもって、自分たちの生存に必要最小限の獣を狩り、魚を捕り、マンジョカを植える平穏な生活をしてきた。

しかし、この地帯で金を採掘しようとするガリンペイロのならず者が、1993年のある日突然ハシムー村を襲い、16人のヤノマミ族を殺戮し家々に火を放った。ヤノマミの男たちは顔と身体を黒く塗った戦いに臨む姿で、ガリンペイロの侵入に抵抗するべく立ち上がる。

広大なアマゾンに住む他の民族も、再び襲われた時には共に闘うと約束し、部族の違いを超えて力を合わせることになった。1987年から99年にかけて、ヤノマミ族が住む土地に、彼らの人口の5倍にも相当する3~4万人のガリンペイロが侵入し、1500人もの命を奪っている。

著者はリオデジャネイロ州教育長官を務めるブラジル教育界の第一人者だが、アマゾン河流域等で起こったゴールドラッシュの中で拡大した先住民の大量虐殺を糾弾して本書の筆を取った。エドムンド・ロドリゲスによる挿絵と簡略な文、全文の葡語対訳、訳者による字句の詳細な注釈とブラジルの先住民問題の解説が付されている。 (桜井 敏浩)

    
〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕


トップへ



ボサ・ノーヴァ詩大全』 

坂尾 英矩     中央アート出版社 271頁 2006年2月 3,000円+税


著者は、ブラジルに渡航後、放送、レコード業界に入り、その後在サンパウロ総領事館の広報文化担当として25年勤め上げた。その間、多くのミュージシャンと親交を結び、ボサ・ノーヴァの黎明期、誕生、発展のあらゆる現場にいて、その本質、歴史を見てきた。

本書は著者が選び抜いた35曲のそれぞれにブラジル語歌詞(コード付き)に日本語訳を付け、曲の成り立ち、作詞作曲者についての解説、その曲に関わる思い出や出来事などの補遺・研究を付けてある。

誰でも知っている「イパネマの娘」*やフランス映画『黒いオルフェ』の主題歌「カーニバルの朝」などをはじめとする名曲の対訳と解説は、パラパラと拾い読みしても楽しく、特にポルトガル語を学んでいる人には堪えられないだろう。写真や当時の新聞報道、似顔絵、それに人名索引もあり、日本でも愛好者が少なくないボサ・ノーヴァが、最適の人に紹介されたことは喜ばしい。

* 蛇足 -この曲が、リオデジャネイロのイパネマ海岸にあるバーの常連ですでに名声があったトム・ジョビンとヴィニシウス・デ・モラエスが、いつも前を通り過ぎる「サンバのスィングのような歩き方」をしてする」十代後半の美少女に惚れて作詞・作曲したという誕生話はよく知られているが、後日既婚者であるトムが彼女を呼び出して求婚して振られたとか、この曲の世界的大ヒットを口火にしたように、不動産業者が当時すでに発展の余地がなくなっていたコパカバーナ海岸に代わって、イパネマ海岸の土地価格を吊り上げたという裏話も書かれている。              〔桜井 敏浩〕

    

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕
   

トップへ



ラテン・アメリカ 朝倉世界地理講座―大地と人間の物語 14
       

坂井 正人、鈴木 紀、松本 栄次編 朝倉書店 473頁 2007年7月 18,000円+税

     
人間の暮らし方、文明のあり方や歴史も環境の影響を受ける。環境の制約の中でしか生きられないこの地球を、人類の歴史、環境と文明、文化、経済、資源、食、社会、病気などを骨格に解説した世界地理シリーズ。これまでの総合地理書とは異なり、歴史・考古学者が編集担当に入り、先スペイン期古代文明史、植民地時代史、近現代史、地理学、文化人類学、政治学、経済学、国際関係論、地域研究などの学者を動員した、多岐にわたる項目構成になっている。しかも、環境、開発、紛争、アイデンティティ、地域間交流などに絞りこんで中南部アメリカを見ていくことで、ラテン・アメリカ社会の特徴を浮き出させている。

「総説」では、地質・地形、気候、植生、土壌などを地下資源と農牧林産物を中心に見た上で、開発問題の多面性、統計データによる社会の特質を明らかにしている。「中部アメリカ」では、先スペイン期の環境利用と自然観、文化から始まり、植民地時代以降の開発と環境、農村と社会問題、民主化過程、経済成長と貧困、文化的アイデンティティ、アフリカ系文化の影響を取り上げている。「南アメリカ」では、先スペイン期の環境利用とその後の各地での環境と開発、スペイン人の侵略から今日に至るまでの国家と民衆、国際関係を解説している。

大判で大部の本だが、各項目毎に読んでもそれぞれに内容の濃い解説が続いていて、読み応えがある。是非座右に置いて時々紐どきたい有用な一冊だが、個人で購入するには価格が高いのが難である。    〔桜井 敏浩〕
    

〔『ラテンアメリカ時報』 2008年春号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕

トップへ


   
遠くて近い国 ―シニア・ボランティアの見た21世紀ブラジル

真砂 睦 無明舎出版 211頁 2007年8月 1,600円+税

著者はブラジルに、1970年代のいわゆる「日伯蜜月時代」とそれに続く80年代の現地経済混乱による「日伯関係空白の時代」の一時期を、野村貿易のベロオリゾンテ、リオデジャネイロ駐在員として過ごし、退職後2003年から3年間、国際協力機構(JICA)派遣の日系社会ボランティアとして再びブラジルで生活した。その間、故郷の和歌山の地方紙に投稿した報告に加筆修正した、全67編の見聞録である。

歴史と文化とそれを背景にあるブラジル人の生活と性格、日系移民の過去と現在、そしてそのブラジル経済・社会への貢献、農牧業や工業の変化、人種差別の有無、農地改革や縁故主義、最近のブラジルの産業や社会変化のトピックスなど、広範な話題をそれぞれ2乃至4頁の短い文章で紹介している。しかし、多くのこの種の滞在記や見聞録とは異なり、相当ブラジル事情に通暁していなければ書けない、しっかりした裏付けがあることが窺え、内容の濃い、分かりやすい解説書になっている。秋田市にあるこの地方出版社は、これまでも中隅哲郎氏の『ブラジル学入門』、『ブラジル観察学』、『ブラジル日系社会考』はじめ10余点の優れたブラジル関係書を出版している。    〔桜井 敏浩〕
     

    
〔『ラテンアメリカ時報』 2008年春号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕

トップへ



グローバルとローカルの共振 ―ラテンアメリカのマルチチュード
 

 石黒 馨・上谷 博編 人文書院 2007年11月 220頁 2,000円+税

 
本書は、グローバリゼーションが先住民にどのような影響を及ぼすかを、ローカルからナショナルへ、そしてグローバルへという社会空間の広がりが先住民にどのように影響し、先住民はそれをどのように理解し、対応しているかを検証するものである。

これをメキシコのサパティスタ運動、オアハカ先住民の米国移住、ゲレロ州先住民農村の土地紛争、メキシコ国家の国民統合策としての先住民政策、国家の干渉によるミチュアカン先住民社会の存亡、コスタリカのコーヒー栽培農民の生き残り戦略、ベネズエラ市民社会とチャベス政権のボリバル革命、そしてブラジルにおけるユニバーサル教会の土地無し民運動取り込み戦略について、10名の研究者の研究成果を載せている。   〔桜井 敏浩〕


〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕

トップへ


 

ブラジル経済の基礎知識』 

二宮康史 ジェトロ(日本貿易振興機構) 204頁 2007年11月 1,600円+税

  
JETROサンパウロ・センターに2003年から4年余在勤し、BRICsの一員として注目を集めてきたブラジルの経済、産業調査の第一線で活躍してきた著者による、変容著しい最新のブラジル経済解説書。

マクロ経済の変化を読み解き、政治・社会情勢も安定して持続的な安定成長軌道に乗ってきた経済を概観し、高いポテンシャルをもった主要産業動向とその成長可能性を、自動車産業、電気・電子産業、大豆、食肉、エタノール、農畜産物、鉱物資源という天然資源を例に取り上げている。また、経済のグローバル化で変貌する企業動向として、欧米企業の投資動向、近年やっとビジネス拡大に動き出した日本企業、想像を超えて国際化が進むブラジル企業を分析し、それらの裏にあるルーラ政権の外交・通商政策、メルコスールと南米統合への険しい課題を解説している。そしてビジネスアプローチに必要な実務知識として、税務・会計、労務、企業設立手続、資金調達と対外送金、貿易システムと知的財産権問題に至るまで、基礎知識を網羅したきわめて有用な解説書。 〔桜井 敏浩〕
    

〔『ラテンアメリカ時報』 2008年冬号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕

トップへ


貧困の克服と教育発展 ―メキシコとブラジルの事例研究
  

米村 明夫編、近田 亮平・受田 宏之・江原 裕美・小貫 大輔  明石書店 236頁 2007年10月 4,000円+税

  
現代の人類にとって緊要な課題の一つである貧困削減のためには、基礎教育の普及が効果があると期待されている。開発途上国における教育の発展は、政府ばかりでなく教育を受ける側も重要な主体であるが、今日では経済的 貧困層、社会的・政治的弱者がその状態改善のために教育要求の自覚をもち始めて来た。このような弱者たちの要求は、政府と家族の間にある村や地方自治体、そしてNGOといった中間的主体が媒介、援助することが多い。

メキシコとブラジルにおいて、弱者のための教育普及に、政府、地方自治体、NGO等が、どのような課題を掲げ、どのように活動してきたかを、両国での就学促進のための家計補助プログラムの評価、批判的検討、オアハカ州ミッヘ族の3つの村を例にメキシコ先住民地域における競争的な教育発展の事例、同じくメキシコでの先住民2言語教育の理想と現実、ブラジルにおける初等教育の地方分権化とサンパウロのファベーラでの住民運動を紹介することによって解説している。

貧困からの脱却には教育の普及が必須といわれながら、実際にその実現に立ち向かうと様々な問題に直面することがよく分かる。 〔桜井 敏浩〕

 

〔『ラテンアメリカ時報』 2008年冬号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕

トップへ


 

女たちのブラジル移住史

小野政子/中田みちよ/斎籐早百合/土田町枝/大槻京子/松本純子、監修 日下野 良武 毎日新聞社 381頁 2007年8月 2,000円 +税

「ブラジルに移住した日本人の人生はすべてドラマになっている」 と編者 はいうが、1932年から97年に至る間に移住した、無作為に選ばれた年齢も境遇も異なった6人の女性が書いたという異色の移住史。

10歳の時に移住、インテリの父たち家族と開墾の苦闘の中で妹を失った、執筆者中最高齢の85歳。早い時期から商売に転じた人、アマゾンで農場経営に携わり夫とアマゾンを信じて身を捧げてきた生涯だったという人、1965年に邦字紙の記者として2年間のつもりでブラジルに渡ったが、「日本にないモノがあって楽しくて」ブラジルに留まったという現代女性など、6人の 執筆者はまったくの素人であるが、それぞれの苦楽の生き様は読む者に深い感銘を与える。〔桜井 敏浩〕            

〔『ラテンアメリカ時報』 2008年冬号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕

トップへ


 

知っているようで知らない ラテン音楽おもしろ雑学事典』 

高場 将美 ヤマハミュージックメディア 223頁 2007年11月  1,600円+税


ラテン音楽といっても、北はメキシコ、カリブ海から南はアルゼンチンまで広大な地域にきわめて幅広い形態の音楽があり、その境界もあいまいだが、それらの中からラテン音楽の発祥地キューバ、 メスティーソ(混血)文明のメキシコ、港町から生まれた都市音楽であるアルゼンチン・タンゴ、情熱とサウダージの響きブラジルのサンバとボサノヴァ、そしてラテン音楽の中心といってもよいカリブ海の音楽を取り上げている。

これら5章の音楽の発祥、歴史的な変遷、偉大な作詞家、作曲家、演奏家たちやエピソードなど、著者の長年のラテン音楽との深い関わりで蓄積した"雑学"が楽しく、ふんだんに盛られている。それぞれの章の終わりに、その音楽を味わいたいならこの2枚と、著者推薦のCDも挙げられている。  〔桜井 敏浩〕

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」 に収録〕

トップへ




『鉄の絆 ウジミナスにかけた青春』 

 阿南惟正 朝日新聞社 294頁 2007年9月 1,600円+税


戦後の復興が終わり、経済成長期に入った1960年代の日本が、いち早くブラジルでの製鉄所建設をめざした。八幡製鉄(現 新日本製鉄)の28歳の社員が南米一の製鉄所建設を命じられ、内陸のミナスジェライス州に赴く。文化、言語も異なり、生活環境が大きく異なる中で、次々に発生する幾多の困難を乗り越えて、赤土の高原に両国関係者が力を合わせ、情熱を傾けたウジミナス製鉄所を建設するまでの思い出の記。

1961年から操業開始までの3年間、「地球の裏側に溶鉱炉をぶっ建てる」という未曾有の合弁大プロジェクトであるウジミナス製鉄に現地で関わった著者は、「その土地を愛し、その人を愛し、その仕事を愛する」ことが海外技術協力には必要という。仕事の合間には時には柔道を通して現地の人たちとの触れ合いもあり、日本の鉄鋼業が海外に進出した先駆者の苦労と働きがい、喜びを綴っている。      〔桜井 敏浩〕

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕

トップへ

 


『もっと知りたいブラジル マジア・ド・サンバ 知られざるリオのカーニバル』

佐久間 圭輔 アララ文庫 Fax 0467-44-4865、ararabunko@aol.com 163頁  2007年8月 頒価1,000円+送料  (日本ブラジル中央協会 Tel 03-3504-3866 でも頒布している)

  
著者は外語大学葡語科を卒業後、商社、電機、航空会社で長くブラジル・ビジネスに携わってきたが、その傍ら現存する最古のサンバ学校(阿波踊りの「連」のようなものか)「マンゲイラ」と日本との文化交流に邁進している。サンバに惚れ込んだ著者が、サンバの魅力を余すところなく解説している。

第一部は著者がサンバの世界に出会った経緯、第二部はブラジル人とサンバ、そして名高いサンバ学校「マンゲイラ」の歴史、第三部はリオのカーニバルの歴史、参加するサンバ学校、パレードの構成とその審査の詳細、カーニバルの舞台裏というべき諸作業とそれらを支える裏方の人たち、それら作業と練習を一年中見せるサンバ・シティといった構成で、サンバの楽しさ、面白さ、奥の深さを知ることができる、実に楽しい一冊。  〔桜井 敏浩〕

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕

トップへ

 


トランスナショナル・アイデンティティと多文化共生 ―  グローバル
時代の日系人
』 
  

村井 忠政編著 明石書店 459頁 2007年4月 5,300円+税)

  
いまグローバリゼーションの名の下で、多様な国際的な人・労働力の移動が活発になっているが、本書はその中で日系人に焦点を当て、この移住がアイデンティティにどのような影響を及ぼしてきたかを考察したものである。第1部「トランスナショナル・アイデンティティ」では、米国やカナダの日系移民研究、在日朝鮮人の文学、中国からの帰国者二世の適応等に加え、堀田善衛の『キューバ紀行』 に登場する宮城県出身の両親をもつルイス・サトーとの出会いを考察した章がある。

第2部では、移民集住地での行政や NPO の取り組みを通じての「多文化共生」を紹介しているが、オランダのアムステルダム市の事例以外は、東海地方から三重県にかけての日系デカセギ労働者集住地域を中心に、自治体の外国籍住民施策、定住化が進む日系ブラジル人家族の生活史、NPOによるネットワーク形成、ブラジル人学校に通う日系青少年の社会文化的適応と、日本の公立学校における日系南米人の統合、同じく日系南米人の医療問題などを取り上げている。

グローバル化が進むにしたがい、民間レベルでの人の移動とそれにともなう共生について、いろいろな切り口から分析していて実情を知るうえで興味深い。 〔桜井 敏浩〕

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕

トップへ


   
黒人差別と国民国家 ―アメリカ・南アフリカ・ブラジル

アンソニー・W.マークス 富野幹雄、岩野一郎、伊藤秋仁訳 春風社 435+72頁 2007年3月号 6,190円+税

   

米国におけるアフリカ系市民、黒人が多数を占める南アフリカにおける人種や国民的・階級的アイデンティティを考察した著者は、ブラジルにおける類似の人種不平等が必ずしも問題にされていないことに気がつく。ブラジルの歴史・文化的遺産、すなわち植民地政策、奴隷制度、人種混淆まで遡り、1822年のペドロ一世による帝国としての独立、奴隷制の廃止、共和制移行を経て、強固な国民国家建設がなされたが、米国や南アフリカのように地域間対立も人種間紛争も経験しなかった分、公の人種支配はなかったのである。黒人の移民流入は禁止されたが、国内においては、アフリカ系であることや皮膚の色による制約の公式法制化は否定されてきたことにより、人種天国であると米国の黒人からもみられていた。しかし、奴隷制が非常にゆっくりと進行したため、人種秩序が揺るぐことなく、読み書きできない者には選挙権が与えられないことなどによって、黒人が不利益を被り、非公式な人種差別は明白に存在し続けたのだが、共和制国家の下で国民を結束させるため、ナショナリズムと人種民主主義が提唱され、そのイメージが一致したおかげで社会的・人種的秩序は紛争なしに、国民国家としてのブラジル国が確立したのである。

1970年代以降、ブラジルの人種関係について、それまでの楽観的な見方を修正する学術報告が次第に増え、また経済的、社会的にアフリカ系人が圧倒的に不平等な状態に置かれていることが統計などで明らかにされ、人種的抗議行動も起きてきていて、米国や南アフリカに比べればブラジルの人種的寛容度は高いというものの、現実に不平等がないということを意味しない事実を、本書は歴史的背景と経緯によって明らかにしている。   〔桜井 敏浩〕                                                        

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト http://www.latin-america.jp/  「掲示板 ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕

トップへ


アドニスの帰還』 

 安東 能明   双葉社 354頁 2007年9月 1,800円+税

   
多くの日系ブラジル人がいわゆる出稼ぎとして日本に来ているが、その集住地ではさまざまな問題が発生している。ブラジル人専門の人材派遣会社の担当者である片桐エルザは、日本語の能力を見込まれ、警察の通訳もしている。浜松市を思わせる地方都市で起きたコンビニ強盗で逮捕された日系少年の通訳を頼まれたことをきっかけに、彼女の勤め先の会社から金を強奪してブラジルに帰っていた雄鶏と呼ばれる男の再来日を知る。そして彼女がかつてサルバドール市でファベーラ(貧民街)に住み、ストリート・チルドレンにまでなった日々に、警察官が商店主などから金をもらいストリート・チルドレンを浄化する死の部隊に仲間を惨殺された過去があったが、そのリーダーだったジト伍長も、ブラジルの犯罪組織からの殺し屋に追われて日系人と結婚したことでこの町に来ているとの噂を聞く。ジト伍長は整形手術で顔も変えていて、特異な入れ墨だけが手がかりだが、後になってそれも消す施術を受けていることが判る。

強盗犯の少年やその恋人、勤め先の社長、ブラジル人の子供たちのために学校を運営する夫婦たちの協力を得ながら、ジト伍長の行方を追うエルザだが、デカセギで貯めた金を持って帰国した直後に一家で惨殺された日系人の事件も関わって、意外に身近なところにジト伍長がおり、また警察の強盗犯の少年の現場検証の無神経なやり方に、日頃味わらされている差別感の鬱積を爆発させたブラジル人の騒動の中で、信頼し交流していた人の素顔が明らかになるというどんでん返しの結末にむかう。

言葉、文化、価値観や発想の異なるブラジル人と周囲の日本人の間の取り持ちをさせられる担当者兼司法通訳という立場のエリザを中心に、犯罪サスペンスながら日本でのブラジル人社会の諸相がよく描かれている。  〔桜井 敏浩〕  
                  

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト http://www.latin-america.jp/ 「掲示板 ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕


トップへ


黒ダイヤからの軽銀 ―三井アルミ20年の歩み』 

牛島 俊行、宮岡 成次 カロス出版 270頁 2006年9月  1,905円+税

   
わが国のアルミ製錬は、電力の高コストその他の問題から短期間で絶滅に近い状態に陥った、日本の産業史上まれな例であり、うち、三井グループの総力を結集して設立された三井アルミニウム工業も1989年に解散した。本書はその20年の社史だが、ブラジルにおけるアルミ製錬計画への進出の経緯と進展についても詳述しており、日本とブラジルの経済協力の実態を知ることが出来る。

1970年代はじめに、日本の業界は国内製錬に見切りをつけ、アルミ資源を海外に求め業界共同プロジェクトが志向された。幹事会社は輪番制で、住友電工がインドネシアのアサハン計画を、三井アルミがアルミナ部門を担当する日本軽金属とともにアマゾン計画を主導した。アマゾン河中流域の豊富なボーキサイト鉱と廉価なツクルイダムの水力発電を利用し、河口のベレーン市近郊に、ブラジルのリオ・ドセ社との合弁でアルブラス(アルミ製錬)とアルノルテ(アルミナ製造)事業を立ち上げようというもので、1976年にガイゼル大統領の訪日を機に、海外経済協力基金の出資、日本輸出入銀行と国際協力事業団からの特利融資を行う"ナショナル・プロジェクト"として行うことで、両国政府間合意、日本政府閣議了解が得られ着手された。

しかし、その後ブラジルのインフレ、為替の大幅変動等、日本側の円高の進行、アルミ業界を取り巻く環境の悪化、それらに起因するアルノルテ計画への参加大幅縮小など、実に多くの問題に遭遇したが、現在は日本のアルミ新地金の1割近くを安定供給するまでになり、アルブラスも業績好調で配当を行うまでになっている。   〔桜井 敏浩〕
   

〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕

トップへ



鈴木悌一 ―ブラジル日系社会に生きた鬼才の生涯

鈴木 正威 サンパウロ人文科学研究所 529頁 2007年7月

  
日本人のブラジル移住百年の歴史の中で異能の知識人として、比類なき学殖と実行力をもって活躍した鈴木悌一(1911~96年)は、弁護士として東山事業総支配人だった山本喜誉司氏とともに戦時中にブラジル政府に没収された日本人の資産凍結を解除させ、日本移民50周年記念の「ブラジル日系人実態調査」(1964年)の中心として奔走し、またサンパウロ大学構内に日本文化研究所を設立させ、初代所長となって学内に日本研究の拠点確立を推進し、図書館の充実、紀要の刊行などに尽力した。また絵画に打ちこみ、画家の半田知雄らが創設した日系コロニアによるサンパウロ美術研究会(聖美会)やコロニア文学会の会長を歴任するなど、日系社会の学術・文化の分野で大きな業績を残した。

本書は、自身もブラジルでの日本語普及等文化活動に努め、人文研の理事である著者による渾身の伝記であり、経済的成功に背を向けブラジルと日本を文化で結ぼうと、日本人を代表する如き気迫を持って行動した鬼才の生涯を詳細に伝えている。

(本書は、"ブラジル日本人移民百周年記念「人文研研究叢書」 第6号"として発行されたもので、市販はしていないが、サンパウロの人文研 centro-nipo@terra.com.br もしくはブラジル日本商工会議所事務局 secretaria@camaradojapao.org.br  が受託頒布している。本代 50レアル) 〔桜井 敏浩〕


〔『ラテンアメリカ時報』 2007年秋号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕


トップへ



世界の食文化 ⑬ 中南米

山本 紀夫編 (財)農山漁村文化協会 2007年3月 296頁 3,200円+税

   

ラテンアメリカは、トウモロコシ、ジャガイモ、サツマイモ、ピーナッツ、トウガラシ、トマト、カボチャなどの穀類、野菜、香辛料、カカオ、パイナップル、パパイヤ等の果実類や嗜好品のタバコ、コカなど、実に多くの原産地であることは知られている。この広大な地域に、先住民、欧州からの征服者、植民者やアフリカから連れてこられた奴隷、東欧、中東、アジアを含む世界各地からの移民など、様々な文化が融合して多彩な食文化が展開しているのだが、日本では部分的にしか知られていない。

まずは、トウモロコシ、ジャガイモ、マニオク(マンジョカ/ユカ)という三大主食、コロンブス到達以前と以後の食文化の変化、戦前の農村部を中心にしたブラジル日系人家庭の食生活を解説しているが、大きな部分を占めるのは、17カ国20地域の食文化と酒の紹介である。ラテンアメリカの主要国(ペルーやアマゾンは、さらに地域を区分している)はもとより、中米やカリブの島嶼国の知られざる食文化、醸造・蒸留以前の製法で作った酒、メキシコのテキーラや同じサトウキビを原料としながら製法に違いがあるラムとブラジルのピンガ、移住者が持ち込んだワインに至るまで、現地で長く生活した24人の広範な分野の人たちによる解説は、それぞれが読み物としても興味深い。 〔桜井 敏浩〕
  

〔『ラテンアメリカ時報』 2007年夏号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕
 

トップへ


日系人とグローバリゼイション ―北米、南米、日本

レイン・リョウ・ヒラバヤシ、アケミ・キクムラ=ヤノ、 ジェイムズ・A・ヒラバヤシ編 移民研究会訳
人文書院 2006年6月 536頁 6,000円+税

     

ロサンジェルスの全米日系人博物館の企画による、国際日系研究プロジェクトの成果の一つ。グローバル化が日系人のアイデンティティに及ぼした影響について、第1部「グローバル化と日系人アイデンティティの形成」は、南北アメリカにおける移住と日系人の文化や社会の成立に関する歴史的考察、第2部「日系人アイデンティティの形成」は、ラテンアメリカではペルー、ボリビア、パラグアイ等を事例に、日系人コミュニティの形成と相互のつながりを、社会的慣行、家族、宗教、教育、政治、経済の面におけるアイデンティティを分析している。

第3部「日系人アイデンティティの形成阻害」は、ペルー、ブラジル、アルゼンチン等でのジェンダー、日系映画制作者の作品に見る人種やエスニシティ、日本への"デカセギ"現象の経済学的視点からの考察と、その就労問題と子女の教育、日系であっても"外国人"視される中での日本での多文化共生の可能性、ラテンアメリカへの移住者の中で多い沖縄出身者と本州出身の日本人とのアイデンティティを含む諸問題を取り上げている。第4部「回顧と展望」は、3人の在米編者がこれらの論考を分析している。

7ヶ国18人の研究者による20の充実した事例研究中心の考察は、近年の日系社会、在外・滞日日系人の変化を知るうえで有益な資料である。 〔桜井 敏浩〕
   

〔『ラテンアメリカ時報』 2007年夏号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕
      

トップへ


はまの大きな菩提樹 A FRONDOSA ÁRVORE DE HAMA

弓場 勝重絵・文 Sonia Regina Longhi Ninomiya訳 49頁

サンパウロ州の奥深くに日本人が多く入植したアリアンサ移住地があり、そこに共同で農業生産活動を営みながらバレー団を持っていることでも知られる弓場農場がある。創設者の弓場 勇さんの夫人であり、著者勝重さんの母であるはまさんは、父が行きたがっていたブラジルに、医師の養女となって16歳でアリアンサ移住地に入り、そこで弓場 勇氏と知り合う。

勇氏は、ブラジルに日本人の特徴を生かした新しい文化の創造-土を耕し、神に祈り、歌や芝居などの芸術に取り組むという大きな夢をもっていた。新しい文化を創るという夢を語る勇氏の求婚に、暫く逡巡した後に結婚し、以後70年の間に11人の子供たちにも恵まれ、仲間たちとの共同生活は大きくなった。

この母の養親との移住、アリアンサ移住地での生活、二人の出会いと結ばれるまでの物語を、きれいな日本語とポルトガル語(翻訳は、二宮正人サンパウロ大学教授夫人)で、勝重さんの描いた繊細なイラストとともに美しくまとめている。市販本ではないが、(社)日本ブラジル中央協会(電話 03-3504-3866、メール nipo-brasil@hsym.ftbb.net )で購入出来る(頒布価 1,000円)。サンパウロでは太陽堂(電話11-3207-6367,Fax 3206-6588)で扱っている。

     
〔(社)ラテン・アメリカ協会 Webサイト「ラテンアメリカ参考図書案内」に収録〕

トップへ



ブラジル北東部の風土と文学

田所 清克 金壽堂出版 2006年12月 187頁  2,600円+税


ブラジルで最も早く植民地化が進んだ北東部は、ブラジル文化の揺籃の地であり、現在に至るも多くの文学、音楽、伝承を継承している。特に文学では、ブラジルを代表する作家を輩出しているが、それらの作品を読んでブラジルを認識しようとするには、独特の風土、歴史、文化を反映した北東部の社会、すなわちブラジルで最も貧しい地域の一つであり、土地所有の偏在、飢餓から逃れるべく都市への移住による過疎化などの問題が背景にあることを理解する必要がある。

本書は北東部社会の文明史と風土的特性、ブラジル地方主義についての概説の後に、偉大な4人の作家の代表作を取り上げ、それぞれの作品について背景、意義、社会性などを読み解いている。長年にわたって特に北東部出身の作家の著作を研究し、日本での紹介に努めてきた著者は、これらの文学を通じてブラジル人の思考や行動様式、国民性、ひいては感性と美学を知ることを期待している。 〔桜井 敏浩〕  
                        

〔『ラテンアメリカ時報』 2007年春号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕

トップへ


地球時代の南北アメリカと日本

二村 久則、山田 敬信、浅香 幸江編著 ミネルヴァ書房 2006年11月 226頁 2,800円+税

  
現代はグローバリゼーション、すなわち「自由貿易世界秩序の地球規模化」の時代であり、南北アメリカと日本との関係がつと重要になってきているとの認識から、8人の研究者とIDB(米州開発銀行)の実務家が、この地球時代にどのような世界戦略をもち、世界と共生していくか?を探っている。

第1部「グローバリゼーションと米州国際関係」では米国外交とそのラテンアメリカの位置づけ、南米南部の非核化を通じての信頼醸成と地域統合の進展を、第2部「南北アメリカ社会の変容」では北米での人種問題の歴史的展望、米国最大のエスニック・マイノリティ集団であるラティーノの存在、南北アメリカを結ぶ麻薬ネットワークを概観し、第3部「南北アメリカと日本」ではNAFTA、メルコスール以後の諸国の状況から、日本とメキシコ間のFTAのあり方を、またIDBグループと日本との開発面での協力を、最後に1990年の日本の入管法改正以降のデカセギ日系人激増による南北アメリカの日系社会への影響、日本社会に多文化を形成しつつある動きを紹介している。〔桜井 敏浩〕

〔『ラテンアメリカ時報』 2007年春号掲載 (社)ラテン・アメリカ協会発行〕

トップへ


講座 世界の先住民族 ―ファースト・ピープルズの現在 ― 08 中米・カリブ海、南米

綾部 恒雄監修、黒田 悦子・木村 秀雄編 明石書店  2007年1月 335頁 4,800円+税

 

第1部中米・カリブ海ではメキシコのウィチュルなど7族、グアテマラではキチュなど 2族、ドミニカのカリブ、第2部の南米ではチリのマプーチェと都市のインディオであるチョロ、ボリビアのアイマラ、パラグァイのグアラニー、ペルー・アンデス東斜面のアシャニンカ、ブラジルのパノ系先住民、そしてベネズエラのヒビという、この地域の13カ国・地域に居住する17民族を、17人の文化人類学者が取り上げ解説している。

メキシコ以南のラテンアメリカ、カリブには、現在3,000~4,000万人の先住民が居住するといわれているが、それぞれが多くの共同体を形成し、それぞれの地域で異なる歴史をたどり、その結果として現在の姿も大きく異なっている。また、近年はボリビアにおける先住民出身のモラエス大統領の出現に見られるように、先住民運動を指導してグローバリズムと対峙するなど、あらためて先住民族の動向が注目されるようになった。

異なる地域を専攻し様々な研究テーマをもつ研究者が、それぞれの民族の生き様を活写しており、編者の丁寧な解説も付いているので、大部な本であるが特に予備知識がなくても関心をもった項を拾い読みすれば、それなりに興味深い読み物になっている。〔桜井 敏浩〕                                

〔『ラテンアメリカ時報』 2007年春号掲載 (社)ラテン ・アメリカ協会発行〕

トップへ



ブラジルにおける違憲審査制の展開

佐藤 美由紀 東大出版会 2006年11月 315頁 9,500円+税

日本ではブラジル憲法についてはこれまで断片的な解説と日本語訳はあったが、憲法学としての本格的な研究成果はほとんど目にしない。本書は違憲審査制の実態についての、気鋭のイベロアメリカ法学者の労作である。独特の形態をもつブラジルの意見審査制が、広大な領土を統治しなければならず、潜在的に拡大を狙っている州権力が相手の連邦制の体制維持機能、憲法に書き込まれた制度を支持する憲法体制維持機能、その憲法下で統治する政府の政策支持機能、憲法で保障される経済的利益、非経済的自由権といった権利が下位の規範に侵害された場合を救済する権利保障機能をも持つという指摘は興味深い。ブラジルは、50万人もが弁護士資格をもつといわれ、連邦最高裁が受理する事件は年間約10万件もある訴訟大国だが、違憲審査制を通じてブラジルの法曹界の思考様式を知ることは、ビジネス紛争の予防、発生した紛争処理のためにも参考になろう。 〔桜井 敏浩〕

             

〔『ラテンアメリカ時報』 2007年冬号掲載 (社)ラテン・ アメリカ協会発行〕

トップへ